前へ
次へ

葬儀社と互助会にどんな違いがあるか

昔であれば冠婚葬祭は身内でしかできず、後は近所の人たちが手伝ってくれました。
村組織においては違う家族でも助け合うところが多く、中には一定のお金を出し合ってそのお金で万が一に備えていたところもあるようです。
葬儀においては今互助会と呼ばれる仕組みがありますが、お金の部分では互助会のようなものが以前からありました。
現代においては葬儀を身内や近所の人だけで行うのは難しく、葬儀会社に依頼することが多くなっています。
葬儀会社の他には互助会のサービスもあり、どちらを利用するか迷うときもあるでしょう。
互助会は事前にお金を積み立ててそれを葬儀費用などに充てるサービスで、自分で葬儀費用を用意できるメリットがあります。
受けられるサービスは葬儀会社も互助会も似ていますが、バリエーションとしては葬儀会社の方が多いかもしれません。
互助会を利用するときは積立てを行いますが、もし解約をするときは解約手数料が必要になります。
最近は大きな葬儀を行わなくなってきていて、互助会の役割も低くなっていると言えるでしょう。

Page Top