前へ
次へ

喪主が正式の喪服を持っていないときどうするか

一定年齢になると葬儀に参列する機会が多くなるかもしれません。
社会人として仕事をすると仕事関係の葬儀に参列するでしょうし、さらに年齢が高くなると友人関係の式に参列したりもあるでしょう。
最初は喪服を持っていなくても濃い色のスーツなどでも構わないですが、数回参列するようになったら喪服を用意しておくと良いでしょう。
葬儀において一般的に良く着る喪服は略式の喪服で正式ではありません。
参列する程度なら略式でもいいですが、自分が喪主を務めるとなると略式よりも正式の喪服を着用した方がいいでしょう。
ただ喪主になる機会は一生にそれほどなく、そのために正式の喪服を用意できないときもあるかもしれません。
喪服に関してはレンタルもできるので、レンタルサービスをしている会社に問い合わせてみましょう。
さらに喪服を貸してくれるところとして葬儀会社があります。
レンタル会社であればサイズも大きいものから小さいものまでそろえているでしょうが、葬儀会社はあまりサイズが無い時もあります。

Page Top