前へ
次へ

色々な人が口を出すと面倒になる可能性

葬儀を行うときはどの宗教で行うかは重要なポイントです。
日本人は無信仰の人が多く自分や自分の先祖がどの宗教を信仰しているのか知らない人もいます。
一般的にはその人自身の信仰を優先してその宗教の元で式を挙げますが、その人自身に信仰が無いなら先祖の宗教で行います。
その他特定の宗教にとらわれない方法もあります。
葬儀においては葬儀会社に依頼するケースが多く、喪主となる人が窓口になって葬儀会社にいろいろな希望を伝えます。
しかし親戚などが多いと喪主以外の人がその家のしきたりなどを伝え、ああでもないこうでもないと喪主の希望と異なることを伝えるときがあります。
葬儀会社としてもどちらを取っていいのか分からなくなるでしょう。
喪主にとっては故人とのかかわりが強く、実際の葬儀ではきちんと希望を伝えられないときもあり親戚に内容を任せるときもあるようです。
任せるのであればいろいろな人に任せるのではなく誰か一人に決めておくと良いかも知れません。
そうすれば葬儀をスムーズに進められるでしょう。

Page Top